歯科英語まとめてみた(歯の構造・細胞編)

2019年になりましたね。今年もよろしくお願いします。

歯科医師国家試験には英語関係の問題が一年に一問くらいはに出てきます。

最近だと110-A10とか111-A17とかですね。国家試験は一問で歯医者さんになれるかなれないかなので、ここも勉強しなくてはいけないところです。

ましてや私はそのうちどこかの国の歯科医師国家試験を受けてその国にも自分のクリニックを持ちたいと思っているので、まぁ勉強しますよね。

前置きはこれくらいにして今回の英語は組織学編です。

「~芽細胞」

いくつか効率よく英単語を覚えるポイントがありますが、その一つは日本語で~芽細胞で終わる単語は英語では-blastで終わります。

象牙芽細胞 odontoblast

エナメル芽細胞 ameloblast

骨芽細胞 osteoblast (os- は骨を表す接頭辞です。インプラントで出てくるosseointegration オッセオインテグレーションとかもos-が出てきますね。)

線維芽細胞 fibroblast

芽細胞 blast cell

歯の構造

エナメル質 enamel

象牙質 dentin

セメント質 cementum

歯髄 pulp (dental pulp)

歯根膜 periodontal ligament (ligamentは靭帯ですね。なので歯根膜の別名は歯周靭帯なのです)

歯槽骨 alveolar bone(alveorは「歯槽の」という意味の形容詞です。)

歯肉 gingiva, gum

歯冠 crown

歯根 root

咬頭 cusp

窩 fossa

歯根尖 apex

象牙細管 dentinal tubule (dentinalは「象牙質の」という意味の形容詞ですね。)

根管 root canal(canalは運河というもとの意味があります。福岡のショッピングモールの「キャナルシティ」は運河の都市って意味ですね)

切歯 incisor tooth

中切歯 central incisor tooth

側切歯 lateral incisor tooth(lateralは側方のという意味があります。インプラントで出てくるラテラルウィンドウテクニックは上顎洞側壁を開けて上顎洞底を開けますし、半調節性咬合器の側方切歯路傾斜角を調整する板はlateral wingといいますね。)

犬歯 canine

小臼歯 premolar

臼歯 molar

ãtooth structureãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

練習問題

象牙質を産生するのはどれか。1つ選べ。
a fibroblast
b ameloblast
c odontoblast
d periodontal ligament
e cementum
正答 c