人工歯の削合について
春巻春巻

この記事では人工歯の削合について書いていきます。

削合の種類

削合には以下の種類がある。

  • 選択削合
    1. 中心咬合時の削合
    2. 側方運動時の削合
      • 作業側の削合
      • 均衡側の削合
    3. 前方運動時の削合
  • 自働削合

 

 中心咬合位の削合 

中心咬合位での削合は小窩裂溝付近、辺縁隆線、咬頭内斜面・外斜面付近を削合する。

咬頭頂は削合しない。

臼歯での接触面積を増やすことが目的。

 

側方運動時の削合 

側方運動時では

作業側はBULLの法則に従って削合する。

buccal upper 上顎頬側咬頭内斜面

lingual lower 下顎舌側咬頭内斜面を削合する。

 

非作業側(均衡側)では

BULLの法則の逆に従って削合する。

上顎側咬頭内斜面

下顎側咬頭内斜面を削合する。

 

前方運動における削合

前方咬合小面(上顎頬側咬頭遠心内斜面、下顎舌側咬頭近心内斜面)を削合する。

前方運動した時に磨耗が起きる場所を削ると考えればOK

前歯部は舌側を削る。(頬側は審美的な観点から削合しない。)

 

自働削合と自動削合

自働削合

カーボランダムグリセリンペーストを使った削合。重合後に行う。

 

自動削合

咬合器をモーターなどで機械的に動かして削合する。陶歯に用いる。